とある雑誌記者の日常をつづったブログです
自然・風景写真 | スポーツ | 風景 | 
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
FC2カウンター
DN2 (Discovery NatureⅡ)
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
気まぐれヘッドライン
プロフィール

むーらん

Author:むーらん
写真を撮ったり原稿を書いたり
竹刀を振ったり釣り糸を垂れたり
カヤックを漕いだりしている
お気楽脱力系ミドル

最近の記事
月別アーカイブ
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.07.19 Thu
呉商、如水館に勝利
今回の話題は熱戦展開中の高校野球広島大会から。

ことしは好投手が多く、いわゆる“名門校”と言われる学校以外にも十分チャンスあり、と以前当ブログでも書きました。

今日の2回戦で激突した呉商対如水館は6-2で呉商の勝利。
おそらくマスコミは「如水館、呉商に不覚」とか「呉商大金星」と書くでしょう。
しかし実際には、好投手の稲葉投手を中心にまとまった呉商が、攻守にスキを見せなかったと見るのが正解だと思います。

春の大会初戦で対戦した両校。そのときは4-2で如水館が競り勝っています。
呉商の選手たちはリベンジに燃えていたと伝え聞いています。

個々の技術的な部分も勝敗を左右するひとつの要因ではありますが、呉商のチームとしての闘争心も多いに影響したのだと思います。
一方の如水館は連覇へのプレッシャー、焦り、調整の難しさなどがあったのかもしれません。

呉商の入ったゾーンは最激戦区。
果たして頂点に上りつめるのはどの学校か。
このあとの展開にますます目が離せません。

nin.jpg

※写真は呉商の稲葉投手。過去の試合のものを掲載させていただきました

スポーツ    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。