とある雑誌記者の日常をつづったブログです
自然・風景写真 | スポーツ | 風景 | 
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
FC2カウンター
DN2 (Discovery NatureⅡ)
≪2012.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2013.01≫
気まぐれヘッドライン
プロフィール

むーらん

Author:むーらん
写真を撮ったり原稿を書いたり
竹刀を振ったり釣り糸を垂れたり
カヤックを漕いだりしている
お気楽脱力系ミドル

最近の記事
月別アーカイブ
「 2012年12月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.12.18 Tue
甲子園ボウル
甲子園ボウルを観に行った。現地観戦は97年以来。
ことしは西日本代表校の関西学院大学と東日本代表校の法政大学のカード。
学生日本一を決める頂上決戦だ。

両チームの幹部たちがあいまみえる試合直前のシーン。
戦いに挑むものたちの、昂る声が聞こえてきそう。

kse03.jpg

3万人近い観客が見守る甲子園球場。
四六時中アメフトに取り組んできた男たちが、すべてをぶつける舞台だ。

kse005.jpg

関学のエースQB畑君はケガのためベンチスタート。
序盤は法政がやや押し気味に展開。2度フィールドゴールのチャンスを得るが、いずれもキック失敗に終わる。

kse02.jpg

後半に入って最初のプレー。関学はキックオフリターンでタッチダウンを奪う。
これで流れを引き寄せたかに見えた関学だったが、細かいブロックやパスのミスなどでなかなかペースをつかめない。

一方の法政はラン、パスときっちり決めながらジリジリと敵陣に入り込む。
第4(最終)クォーター、ついに法政がタッチダウンを奪い逆転。

圧倒的ホーム状態の球場にも重苦しい雰囲気が漂い始める。

関学サイドはここで畑君を投入。
細かいパスを小気味よく決めていき、モメンタムを引き寄せる。

残り5分を切ったところで畑君が神がかり的なタッチダウンパスを決めてついに同点に。
そして、残り2秒、関学がフィールドゴールのチャンスを得る。

kse01.jpg

決めれば大逆転勝利。外せば同点のまま両校優勝。

大観衆が見つめるラストプレーのキックはしっかりと決まり、勝負あり。
関学が20対17の大接戦をものにした。

kse006.jpg

試合後、健闘をたたえ合う選手たち。
西に傾いたやわらかな冬の日差しが、戦い終えた選手たちをやさしく包み込んだ。
スポンサーサイト

スポーツ    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。