とある雑誌記者の日常をつづったブログです
自然・風景写真 | スポーツ | 風景 | 
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
FC2カウンター
DN2 (Discovery NatureⅡ)
≪2012.09  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2012.11≫
気まぐれヘッドライン
プロフィール

むーらん

Author:むーらん
写真を撮ったり原稿を書いたり
竹刀を振ったり釣り糸を垂れたり
カヤックを漕いだりしている
お気楽脱力系ミドル

最近の記事
月別アーカイブ
「 2012年10月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.10.27 Sat
呉市民大会

今日は呉市民大会。撮影ではなく、選手として参加。
小学生から一般までの7人が1チームの団体戦だ。

私は大将のポジションで出場。自分が出る試合は何年ぶりか。もう思い出せないくらい前だ。
緊張するほど若くはないし、かと言ってどっしり構えられるほど精神的にタフでもない。

目の前の相手にただ、立ち向かうだけ。
選手以外は自由参加だから、応援部隊は少ないだろうとふんでいた。

試合の30分ほど前、準備をしていると小学3年生の娘が耳打ちした。
「みんな父さんの試合見に来とるんじゃけん、ぶさいくな試合しんさんなよ!」

それだけ言い残して娘はそそくさと去って行った。

レギュラーと補欠を行ったり来たりしている娘。試合中、寝てるのかと疑いたくなるほど「ぶさいくな」戦いをする娘。
「お前にだけは言われたくないわ!」と心のなかで言い放った。

ふと観客席に目をやると、所属チームの初心者やその保護者たちが続々と集まって来ている。

ぶさいくな試合…か。立場上、確かに情けない試合は見せられない。

「大将は何があっても勝たんといけんポジション」
常々、子どもたちに言い聞かせている言葉だ。

じわりと変な汗が出てきた気がした。

予選リーグの1試合目。3勝3分で自分の番が回ってきた。
自分だけ負けるわけにはいかない。
でも、体が思うように動かない。

不用意にメンに飛んだところをバッサリとドウに抜かれ、先制を許す。
開始線に戻るとき、娘の方をチラリと見た。うつむきがちにヘアーバンドで髪を束ねなおしている。

このままではまずい…。

ここから反撃に転じる。惜しい打ちをするたび、応援の大きな拍手が聞こえる。
メンを取り返して五分に戻したあとも攻め込んだつもりだったが、あえなくタイムアップ。

勝つことは出来なかったが、チーム唯一の負けは何とか免れた。

次の試合、相手は高段者でかなりの実力者。到底かなう相手ではない。でも、希望は捨てない。
出来る限りの攻めと気魄は見せたつもりだ。

結果は完敗。チームも負けて決勝トーナメントには上がれず。

それでも、子供から大人までが1つのチームで戦うという経験はなかなか味わえないもの。
実際に試合をしてみて、一体感が心地よかった。選手だけでなく、応援席も。

家に帰って娘に聞いた。試合を見てどうだったかと。

少し考えたあとの答えは「うーん…普通」だった。

自分の試合のビデオを見てみた。確かに普通、いや、むしろそれ以下だと思った。

もっと練習しないといけない。
口ばっかりじゃいけない。
強くなくてはいけない。

実り多き、秋の1日だった。

inh.jpg

スポンサーサイト

スポーツ    Top↑

2012.10.24 Wed
アツい宮島へ

宮島へ行って来ました。家族全員でのプチ旅行は1年ぶりくらいです。
紅葉の季節には早いですが、この島は見どころが多く何度来ても飽きることはありません。

フェリーターミナルを出ると鹿が出迎えてくれます。
私たちには当たり前の光景なのですが、外国人観光客には珍しいらしく写真をパシャパシャ撮っています。

今回の目的の一つはみやじマリン(宮島水族館)。リニューアルされてから初めて訪れます。
向かう途中、4歳の息子が左手に大事そうに握っているものがありました。
何かと見ると、鹿のフン4個でした。

myj07.jpg

道中そんなハプニングもありましたが、無事に水族館に到着。
以前からローカルっぽい香りのする水族館でしたが、リニューアルしてからさらにその色が濃くなっていました。

タチウオの立ち泳ぎやカキ筏の下で休憩するアコウ、西中国山地にのみ生息するゴギなど、釣り好きにはたまらない水槽が多くありました。ちなみに私はアマゴ水槽にかじりつき過ぎてて、ほかの人から???という顔をされました。

myj02.jpg

水族館を出たあとはお食事タイム。がっつり腹ごしらえをして桟橋へ向かって歩きます。
途中、そういえば家族全員で写真を撮っていないということに気づき、大鳥居をバックに撮れる定番スポットへ。

けれどもそこはカップルたちでいっぱいでした。

myj08.jpg

鹿さんの「う~、あっちもこっちも熱い・・・」という声が聞こえてきそうな光景でした。

いつ来てもアツい宮島。
紅葉の季節は最高にきれいでお薦めですよー。

自然・風景写真    Top↑

2012.10.22 Mon
熱戦プレイバック

我らが広島カープは4位でシーズンを終えました。

初のCS(クライマックスシリーズ)進出なるかーと期待したファンも多かったと思います。もちろん私もその一人です。

結局それはかないませんでした。ことしもBクラス。
「首脳陣が」、「采配が・・・」。新聞などで何度も目にした言葉です。

ですが、私はよく頑張ったと思います。希望、夢を抱かせてくれた。それだけでも十分な進歩です。

さて、今シーズン観戦した試合の中からベストシーンをプレイバックするならば迷わずこの1枚。

sqz.jpg

7月17日、対中日戦。2点を追う9回裏。満塁のチャンスから堂林、代打迎の連続タイムリー。
しびれる場面で登場したのは石原。

最初のストライクを強振したとき、もしかしたらスクイズがあるかもと思いました。
そして、サインが出ました。
倒れ込みながらも見事にスクイズを決めた石原選手。
絵に描いたような大逆転劇でサヨナラ!

いま思い出してもあのときの興奮がよみがえります。
来シーズンこそは、CS進出、そしてリーグ制覇へ。
みんなで応援しましょう!!

スポーツ    Top↑

2012.10.18 Thu
ダリア観賞
編集仕事が一段落したので世羅まで足をのばして来ました。
目的はいまが旬のダリア。

途中、山の駅で梨を買って早速土産を確保。
その後も道中、「ブドウ狩り」や「栗拾い」などの看板があちこちにあって、誘惑に負けそうになりながらも何とか目的地の世羅高原農場にたどり着きました。

気温は16度。風が少し強くて上着を羽織っていないと寒いくらいです。
入場ゲートに近づくと、どこからともなくあま~い花の香りが漂ってきました。

ダリアと言えばまっさきに出てくるのが皇帝ダリア。
皇帝と言えばまっさきに想像するのが我が家の女帝(妻)。そして帝候補生(娘)たち。

いったいどんなダリアが出迎えてくれるのだろうかーと恐る恐る歩を進めると、目の前に息をのむほどのカラフルな光景が現れました。

dr1.jpg

ものすごい数と種類のダリアです。
パンフレットを手にどんな種類か確かめていると、「皇帝」というたくましいネーミングは稀なことに気づきます。
名前の多くは「ウェディングマーチ」や「クリスタル」、「君待坂」、「ブロンズビューティー」などかわいらしいものでした。ちょっと安心しました。

でも「お色気」、「浮気心」、「土俵入り」、「ゲイシャガール」、「プー」などという変わり種もあるみたいで、思わずその由来を知りたくなりました。

dr4.jpg

農場の方の話では、ここのダリアはもうしばらく楽しめるとのこと。
コスモスは終わりかけのところが多いですから、皆さんも世羅高原農場のダリアを観賞されてみてはいかがでしょうか。

自然・風景写真    Top↑

2012.10.09 Tue
2人のリーダー
秋の高校野球県大会決勝は崇徳対如水館でした。

如水館は試合運びが巧み、崇徳は堅い守りとチームワークの良さが特徴のように思いました。

試合はどちらもチャンスを作るもののなかなか得点につながらず終盤へ。
最終回に加点した崇徳が優勝し、古豪復活を印象付けました。

この2チームに3位の広陵を加えた3校が中国大会に出場します。
いずれのチームも新チームにしては大きな穴がなくよくまとまっていると感じました。

中国大会で上位進出し、来春の選抜出場へと羽ばたいてほしいものです。

nsc.jpg

私は崇徳と如水館のそれぞれのリーダーに注目しています。

崇徳のキャプテンはご存じ広島の野村監督の息子さん、颯一郎君。
如水館を引っ張るのは、昨夏1年生で4番を任され甲子園でも活躍した島崎君。

両主将がどんなチームにまとめていくのか、この2人から目が離せません。

スポーツ    Top↑

2012.10.05 Fri
今日に感謝
本日の仕事は瀬戸内の小さな離島。

さぁて、エンジンかけていくゾってときにこの朝日。

asajpg.jpg

望遠レンズは、ない。
500㎜くらいのやつでギューンと寄せて撮りたかった。

太陽の真ん中に稜線の三角があって、手前には光が流れ込むように映る。

神秘的な光景は一瞬で終わった。

この後の仕事では、カメラ1機が高波をかぶり故障したり、崖から転落しそうになって岩で指を切ったりというアクシデントに見舞われたけれど何とか終了。

暮れていく空を見ながら、今日という日に、仲間と元気な体に、感謝した。

自然・風景写真    Top↑

2012.10.02 Tue
サプライズ企画

スポーツの秋。

先日、とある方から依頼を受けた。
試合中の写真を撮ってほしいという。

大切な人へのプレゼント。サプライズ企画でとのこと。

こういう話、大好きだ。

燃えてきた。
来月なので時間が取れるかどうかはまだ分からないけれど、もし行けたら頑張るぞ!

nzs.jpg

風に揺れるススキ。光の色に季節の移ろいを感じます。

自然・風景写真    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。