とある雑誌記者の日常をつづったブログです
自然・風景写真 | スポーツ | 風景 | 
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
FC2カウンター
DN2 (Discovery NatureⅡ)
≪2012.08  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2012.10≫
気まぐれヘッドライン
プロフィール

むーらん

Author:むーらん
写真を撮ったり原稿を書いたり
竹刀を振ったり釣り糸を垂れたり
カヤックを漕いだりしている
お気楽脱力系ミドル

最近の記事
月別アーカイブ
「 2012年09月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.09.30 Sun
初勝利
台風17号の影響で仕事が中止になったため、急きょ、所属する剣道クラブの試合を見に行くことになった。

低学年団体の部。初戦の相手は1カ月ほど前にも対戦して負けたチーム。
試合前、子どもたちに言った。

「いまのままでは3-0ぐらいで負けるぞ。気合を入れ直せ」

公式戦ではまだ勝ちのない若いチーム。面しか打てないチーム。気持ちで食らいついていくしか活路はない。

先鋒が2本取られるスタートだったが次鋒と中堅が何とか引き分けて副将へつなぐ。
しかしここで負ければ勝負は決まってしまう。

副将は4年生の女の子。
最近、グングン伸びていて、たまにびっくりするほど速くて鋭い面を打つことがある。

取り返せ! 

私の心の叫びが通じたように、開始してすぐにメンを先取。
その直後にもメンを奪って1-1のタイに戻した。本数も2-2で同数。

勝負の行方は大将戦に。
大将はチーム1ガッツのある選手。

くしくもこの日、団体戦前の個人戦で対戦している者どうしの再戦だ。
そのときは完敗している。

「このまま引き下がるんか? 死ぬ気でやってこい!」と背中を押した。

途中までよく粘っていたが、先にメンを取られてしまう。
徐々に残り時間が減っていく。

追い込まれたか…

そのとき、起死回生のメンが決まった。まさに、気持ちだけで打った執念のメンだった。
盛り上がる応援席。

そしてタイムアップ。
勝ち数1-1、本数3-3。まったくの五分だ。

試合は代表者戦に突入。この日のルールで、最初に引き分けた者どうしが行うことになっている。

すべてを次鋒の選手に託した。
1本勝負。

「焦らず、自分の間合いでな」
肩をもんで笑顔で送りだした。

開始して約1分。その瞬間がやってきた。相手の振り向きざまに放ったメンに旗が3本上がる。

お母さんたちは、まるで優勝したかのような喜びようだ。
「え、まだ1回戦でしょ!?」という外野の冷めた声が聞こえてきそうなくらいに。

でもそれだけ待ち焦がれた瞬間だったのだと思う。
私も同じ気持ちだった。

試合後、子どもたち集めて少し乱暴に頭を叩いた。
はにかみながらもシャンと胸を張った子どもたちが、これまでよりも少し大きく見えた。

たかが1勝だが、価値のある1勝。
勝負は気持ちでするものだという、いたってシンプルだけど最も大切なこと。

夜、見上げた空には中秋の名月があった。
子どもたちは今日、2年後の大きな夢に向かって、確かな一歩を踏み出した。

csm.jpg
スポンサーサイト

スポーツ    Top↑

2012.09.17 Mon
神楽の精神
敬老の日の今日、地元で開催された敬老会に出席してきました。
子どもたちが歌を合唱するのでそれを見るのが目的でした。

ところが行ってみてビックリ。初の試みで、三次市から神楽団を招いているという。
かねてからみてみたいと思っていたので、願ったりかなったりの展開です。

2演目のうち最初の方は子ども神楽団によるもの。
小学生から中学生くらいの子どもたちの力こもった舞いとお囃子に胸が熱くなりました。

kgr01.jpg

神楽のルーツはいろいろあるらしいのですが、祭や神社での奉納行事として始まったものが多いようです。
県北のみならず、日本が誇るべき伝統文化の一つと言っても過言ではないでしょう。

神楽には、現代の日本人が失いかけた精神性が凝縮されているような気がしました。


そもそも日本人は、周囲に対して細やかな気遣いとか思いやり、感謝の心をもつ民だったように思います。
ほんのひと昔前までは。

収穫に感謝、豊漁に感謝、食べ物に感謝。お隣さんに感謝。家族に感謝。

kgr03.jpg

観賞していた人の多くは高齢者でした。
けれども、若いお父さんお母さん、特にその子どもたちも残って観てほしかったと思いました。
子どもたちには内容が難しくても、声や音、表情や迫力など感じるものがあったでしょう。

kgr06.jpg

超高齢化社会を迎えた日本。
変わらないものと変わっていくもの。

日本人の心はいったいどこへ向かって行くのでしょうか。
県北から来てくれた神楽団の迫真の演技が、あるべき方向性を示してくれたように感じました。

自然・風景写真    Top↑

2012.09.16 Sun
魚心あれば
今月も編集作業が終わり、ホッとひと息。

散歩がてら近くの野山に行くと、動植物たちが季節を教えてくれます。

ミツバチとコスモス。
お互い会話ができるかどうかは分かりません。
けれど、コスモスは思い切り体を広げ「こっちだよー」と相手をやさしく包み込もうとしているよう。
花粉だんごを足にたくさんたくわえたミツバチも「やぁ、また会ったね」とか言いながらうれしそうに見えます。

ミツバチは蜜を吸って生き、コスモスは受粉を介して命をつなぎます。

「魚心あれば水心」という言葉がありますが
心を寄せること、思いをぶつけることでものごとはプラスの方向に進んでいくのでしょう。

生きることにまっすぐな花や虫たちの姿が、そのことを教えてくれた気がしました。

akm.jpg

自然・風景写真    Top↑

2012.09.12 Wed
呉市電
先日、仕事で呉ポー(呉ポートピアパーク)に行くことがありました。
園内を撮影していると、隅っこに路面電車の車両があることに気づきました。

どうやら、かつて呉市内を走っていた車両の一部のようです。
私の母親が高校時代、通学に市電を利用していたという話は幼いころ聞いたことがありました。

ksd01.jpg

中に入って最初に目に入ってきたのが、つり革の上に貼られてある詩。
「ありがとう呉市電さん」というタイトルです。

ksd02.jpg

この市電が廃止されたのが昭和42年だから、私が生まれる10年ほど前の話。
それでもこの詩を読んでいると、急な坂がつづく呉越峠を力いっぱいに走り抜ける電車の姿がはっきりと目に浮かびます。

ksd03.jpg

いまは休山トンネルが開通して、車でもこの峠道を利用する機会はほとんどありません。

時代は絶えず変化していきますが、次代に継承すべき遺産はたくさんあります。
呉市電もその一つと言えそうです。

自然・風景写真    Top↑

2012.09.10 Mon
太陽の見え方

朝焼けや夕日を見ると、つい足を止めてしまいます。

見え方は日によって当然違います。
感じ方もその日の気分によって違います。

ことしも頑張ろう!と思っているときに見る初日の出は神々しく見えますし
ブルーな気分のときの夕焼けはとてつもなく切なく映ります。

太陽はいつも同じ位置で熱を放っているだけなのに。

心の持ちようって大事なんですね。

okk.jpg

写真は3年前の夏に呉市の倉橋島から見た光芒。徹夜仕事を終えた帰りの1枚です。
何かの前ぶれか?とソワソワしたのを覚えています。当時の自分を思い返すと…
上司にビビってばかりの毎日でした(笑)

自然・風景写真    Top↑

2012.09.02 Sun
スポーツができる平和
どこにも子供たちを連れて行けず、夏休みが終わってしまった。

「どこに行きたいか?」と聞くと幼いころは必ず「水族館」と答えていた長女はもう小学3年生だ。
同じ問いに対する今日の答えは水族館ではなく大和ミュージアムだった。

恥ずかしながら呉に住んでいながら、私はまだ一度も行ったことがなかった。長女は社会見学で行ったことがあるという。
そこで、娘と息子を連れて行ってみた。


大和ミュージアムは良い意味で私の期待を裏切った。
平和系の資料館や博物館にありがちな戦争の悲惨さを強調するというものではなく、呉が軍都から近代都市へと変貌していく過程や呉が誇る工業系技術なども分かりやすく解説してあった。
小学生のころに知っておくべきだったと感じたこともたくさんあった。それほど、自分が生きてきた呉という街を私はは知らな過ぎた。

2、3時間だけではとてもじゃないが足りないので、今度一人で来てじっくり見たいと思った。

かつて甲子園を制覇した黄金期の呉港中(現呉港高校)野球部についてもミニチュア付きで紹介してあった(写真)。
スポーツができることは当たり前のように感じるが、平和があってこそなのだ。

IMG_5678.jpg

戦争や天災などでスポーツが出来ない子どもたちは世界にどれくらいいるだろう…。
スポーツができる喜びを、いま改めて噛みしめた。

自然・風景写真    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。