とある雑誌記者の日常をつづったブログです
自然・風景写真 | スポーツ | 風景 | 
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
FC2カウンター
DN2 (Discovery NatureⅡ)
≪2012.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2012.08≫
気まぐれヘッドライン
プロフィール

むーらん

Author:むーらん
写真を撮ったり原稿を書いたり
竹刀を振ったり釣り糸を垂れたり
カヤックを漕いだりしている
お気楽脱力系ミドル

最近の記事
月別アーカイブ
「 2012年07月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.07.26 Thu
県工が甲子園へ
高校野球広島県大会。県工対盈進の決勝戦に行って来ました。

試合は序盤に2点を奪った盈進のペースで中盤へ。
4回までノーヒットに抑えられていた県工打線は5回に一気の集中打。逆転に成功します。

中押し、ダメ押しと加点していった県工が盈進の反撃を振り切り8対3で勝利。見事20年ぶり5回目の優勝を飾りました。

昨秋の県大会で県工が広商に負けた試合を見たとき、半年後、まさかここまで成長するとは思いませんでした。冬から春にかけて、相当ハードは練習を積み重ねてきたのでしょう。

打線が強調されがちなが県工ですが、実際は辻駒君を中心に守り勝つ野球だと思います。

甲子園での活躍をお祈りします。

kk03.jpg

写真は決勝戦後の閉会式から。
空の青に沸き立つ雲。「夏真っ盛り」を感じさせるシーンでした。
スポンサーサイト

スポーツ    Top↑

2012.07.19 Thu
呉商、如水館に勝利
今回の話題は熱戦展開中の高校野球広島大会から。

ことしは好投手が多く、いわゆる“名門校”と言われる学校以外にも十分チャンスあり、と以前当ブログでも書きました。

今日の2回戦で激突した呉商対如水館は6-2で呉商の勝利。
おそらくマスコミは「如水館、呉商に不覚」とか「呉商大金星」と書くでしょう。
しかし実際には、好投手の稲葉投手を中心にまとまった呉商が、攻守にスキを見せなかったと見るのが正解だと思います。

春の大会初戦で対戦した両校。そのときは4-2で如水館が競り勝っています。
呉商の選手たちはリベンジに燃えていたと伝え聞いています。

個々の技術的な部分も勝敗を左右するひとつの要因ではありますが、呉商のチームとしての闘争心も多いに影響したのだと思います。
一方の如水館は連覇へのプレッシャー、焦り、調整の難しさなどがあったのかもしれません。

呉商の入ったゾーンは最激戦区。
果たして頂点に上りつめるのはどの学校か。
このあとの展開にますます目が離せません。

nin.jpg

※写真は呉商の稲葉投手。過去の試合のものを掲載させていただきました

スポーツ    Top↑

2012.07.17 Tue
大逆転劇
久々にマツダスタジアムに行ってきた。
この時期に3位争いをしているカープはここ数年記憶にない。

いい波に乗っている。そんな気がする。

試合はマエケンが早々に2点取られ、追う展開に。
攻撃ではたいした見せ場もないまま終盤を迎える。
守りでは再三センター天谷が好捕を見せた。サファテ、ミコライオとつないで失点しなかったことも後々重要な意味をもつことになる。

そして9回裏。
出来過ぎたドラマが待っていた。
堂林、迎のタイムリーで同点に。広瀬敬遠で1死満塁。

バッター石原。カウント1-1からの3球目。
意表をつくスクイズ。

見事に決まった。
球場のボルテージが最高潮になった。

こんなに盛り上がる試合、シーズン通してもなかなか見れないだろう。
今夜球場にいたカープファンは大逆転勝利の美酒に酔いしれたはずだ。

sh.jpg

スポーツ    Top↑

2012.07.16 Mon
芽吹きのとき
所属するスポ少の試合に行ってきた。

低学年団体チームの公式戦は4試合目。まだ勝ちはない。
そろそろ初勝利が欲しかったが、今回も叶わなかった。技術面も精神面もまだまだ足りなかった。

収穫もあった。団体戦前にあった個人戦でのこと。2年生以下の部の準決勝。
チームのF君が1本先取しながら場外反則2回で相手に1本が入って五分に。そのあとも体格に勝る相手によく粘ったが、あと一歩及ばなかった。
 
肩を震わせながら戻ってくるF君のところに小学生の先輩たち全員が駆け寄っていった。監督を押しのけるほどの勢いだった。

「よく頑張ったな!」
「惜しかったねー」

面の中でF君の大粒の涙がこぼれた。

セミしぐれを聞きながら会場をあとにした。
芽生え始めたチームの和に、確かな手応えを感じた。

hi.jpg


スポーツ    Top↑

2012.07.03 Tue
夏の高校野球 開幕間近
夏の高校野球、県予選の組み合わせが決まりました。

優勝候補は個々の能力の高い広陵、ここ数年夏に強い如水館、春を制した尾道、
同準優勝の新庄と見るのが一般的だと思います。

ただ、投手の出来によってはほかの学校にも十分優勝のチャンスありと
私は読んでいます。

ことしは例年以上に好投手が多いのが特徴です。
注目は県工の辻駒投手や呉商の稲葉投手、市立呉の柏尾投手、総合技術の伊田投手、
国際学院の今井投手など。

トーナメントに目を向けると、一つのブロックに如水館、広陵、呉商、崇徳、国際学院、
県工、山陽、高陽東が入りました。
ここが最大の激戦区ですが、このゾーンを抜け出したチームが勢いにのって一気に頂点へ
という可能性が高そうです。

n000.jpg

今大会は例年以上に混戦模様。
どんなドラマが待っているのか、いまから楽しみです。
選手たちの熱い戦いを期待しましょう!

スポーツ    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。