とある雑誌記者の日常をつづったブログです
自然・風景写真 | スポーツ | 風景 | 
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
FC2カウンター
DN2 (Discovery NatureⅡ)
≪2012.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2012.07≫
気まぐれヘッドライン
プロフィール

むーらん

Author:むーらん
写真を撮ったり原稿を書いたり
竹刀を振ったり釣り糸を垂れたり
カヤックを漕いだりしている
お気楽脱力系ミドル

最近の記事
月別アーカイブ
「 2012年06月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.06.30 Sat
野呂山のアジサイ

梅雨ですね。

野呂山のアジサイがそろそろ見頃なのではと思い行って来ました。
雨は小降りでしたが、山頂までの道は霧がとても濃く、20m先が見えないほど。

でもアジサイの写真を撮るなら霧は重要なスパイスですね。

ka.jpg

高原ロッジ前のアジサイは満開とまではいきませんでしたが、その雰囲気は十分に楽しめました。
お近くの方は足を運んでみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

自然・風景写真    Top↑

2012.06.16 Sat
蛍の光
気がつけば蛍の季節ですね。

毎年この時期になると、近所の川をのぞきに行きます。時には遠くの川へも行ったりもします。

しかし、人々はなぜ蛍の光に魅かれるのでしょうか。

mit0.jpg

昨年、山口市内の川で撮影した蛍の乱舞。
リズムを合わせながら集団で明滅する光景は、幻想的で、そしてどこかはかなくもありました。

自然・風景写真    Top↑

2012.06.13 Wed
衝撃の一本
 先日のインターハイ予選、剣道女子団体の部を制したのは沼田高校だった。強豪校のイメージが強い沼田だが、女子のインターハイ出場は実に6年振りだという。
 特に、ここ数年は毎年のように広島翔洋と大接戦を演じ、惜敗している。だから、3年生はこの大会に期するものがあったはずだ。
 
 その決勝戦。相手はまたしても広島翔洋。
 序盤はジリジリとした攻防が続き、次鋒まで引き分け。
 中堅戦もお互い一歩も引かない。そして、決め手がないまま延長戦に突入。

 残り時間が少なくなってきたとき、沼田の島村選手がツキに出る。その瞬間、部位を的確に捉えた竹刀が鞭のようにしなって相手の上体がのけ反った。
 会場のどよめきが聞こえるや否や、白旗が3本上がる。


na.jpg

 ツキは見た目ほど簡単ではない。打突部位が小さいし、正しい姿勢で真っすぐ突かないと一本にならない。
 おまけに、突いたあと体勢が崩れれば隙だらけ。逆にそこを狙われてしまう。

 この場面、島村選手は相手の両腕の下から打突していることが分かる。
 一か八の危険を冒して放った技ではなく、相手の心を攻め、構えを崩して打っている、見事なツキといえるだろう。

 この一本は単に流れを引き寄せる、という効果以上のインパクトを両チームに与えた。
 この後、副将、大将が連勝した沼田は、ついに6年越しでインターハイ切符をつかみ取った。 

 試合後、肩をたたき合って喜ぶ沼田の剣道部員たち。
 体育館の窓からもれてくる夏の日差しを受けて、選手たちの笑顔が一段と輝いて見えた。 


スポーツ    Top↑

2012.06.10 Sun
信頼関係
 
あなたがソフトボールチームの監督だったら
チャンスで打順がまわって来た選手に何と声をかけますか。

 相手チームが取ったタイムの合間にバッターボックスの選手のもとに向かい
ほっぺを優しくつねる。

 そして、ひと言、ふた言。

 少年の無垢な笑顔が
 監督さんの丸い背中が
 2人の信頼関係をものがたっています。

 こんな指導者のもとでソフトボールが出来る子どもたちは
のびやかに、しなやかに成長するだろうな。そんな思いがしました。


ki.jpg

 呉市の少年ソフトボールチーム、昭和北レッドサンダーズ。
 みんな声がよく出ていて、はつらつとプレーしていました。
 とても好感がもてるチーム、そして応援したくなるチームでした。 

(※関係者の方から写真掲載の許可を得ております)

 

自然・風景写真    Top↑

2012.06.03 Sun
インターハイ予選

インターハイ予選剣道団体の部の応援と撮影に行ってきました。

男子決勝は呉商対広の呉勢対決。
次鋒まで引き分けでしたが、中堅戦から試合が動き、その後はもつれにもつれました。

大将戦。勝たなくては後がない広。これに対して引き分けでもよい呉商。
しかし、呉商の山田選手は守りに入りません。それどころか先に1本先取します。

春の選抜大会出場の広もこのままでは終われません。面を取り返してタイに戻したあと、反撃に出ます。
惜しい打ちが当たる度に選手や応援席が盛り上がります。

残り時間が少なくなって、このままタイムアップかと思われたとき、呉商山田選手の面が決まり勝負あり。

呉商が悲願の初優勝を果たしました。
整列して礼を終えた呉商の選手たちが監督に迎えられ、男泣きする姿が印象的でした。

呉商の稽古はかなり厳しいものだったと聞いています。
生徒たちの何が何でも勝ちたいという執念がこちらにまで伝わってきました。

一般の観客のなかには涙ぐむ人もいるほど感動的な試合でした。試合後、客席からの拍手の大きさが、それをものがたっていました。勝負を超越して、純粋に素晴らしい試合だったと思います。

呉商の皆さん、おめでとうございます。広高校の皆さんも力を出し切ったと思います。3年生の選手たち、本当にお疲れ様でした。

kaw.jpg


※インターハイ予選のダイジェスト画像は、スタジオゴルジュHPのギャラリー内に期間限定で掲載しています

スポーツ    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。